糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


糖尿病とがん


監修:国立がん研究センター中央病院  総合内科・歯科・がん救急科 科長 大橋 健先生

定期的ながん検診を!


食事や生活環境の変化もなく、特に原因がわからないまま、長期にわたり血糖コントロールが悪化する場合には、がんが隠れていることもあります。

がんは早期発見が非常に重要になります。糖尿病患者さんは、定期的ながん検診をこころがけましょう。
 

科学的根拠に基づく「がん検診」

「がん検診」の種類 対象者 実施間隔 検査方法
40歳以上の男女 年1回 問診及び胃部エックス線検査
子宮 20歳以上の女性 2年に1回 問診、視診、子宮頸部の細胞診及び内診
40歳以上の男女 年1回 問診、胸部エックス線検査及び喀痰細胞診
乳腺 40歳以上の女性 2年に1回 問診、視診、触診及び乳房エックス線検査(マンモグラフィ)
大腸 40歳以上の男女 年1回 問診及び便潜血検査

厚生労働省ホームページより



こんなページも見ています

合併症  / HbA1c  / 血糖値

搭載 カスタム検索

管理番号:2515-1-0925-05