糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


飲み薬による糖尿病治療とは?

経口血糖降下薬での治療が適している患者さんはどんなひと?

監修:東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 教授 宇都宮一典 先生
 

 経口血糖降下薬は、インスリン非依存状態にあり、食事療法・運動療法を十分に行っていても血糖コントロールがうまくいかない患者さんに使われます。
 つまり、経口血糖降下薬で治療効果を望むことができるのは、自分のすい臓からインスリンを出す力が残っている、「インスリン非依存状態」にある患者さん(多くは2型糖尿病)です。
 

経口血糖降下薬による治療が適切でない患者さん
  ・ インスリン注射をしなければ生命が維持できない患者さん
  ・ 妊娠中または妊娠の可能性がある患者さん
  ・ 手術前後の患者さん
  ・ 重症感染症がみられる患者さん
  ・ 重症の肝障害・腎障害がみられる患者さん
  ・ 合併症を発症し、厳格なコントロールが必要である患者さん
 

 しかし、経口血糖降下薬で治療を行っていても、血糖コントロールが悪化するときもあります。
 糖尿病の治療の目的は、“良好な血糖コントロールを維持することで、合併症の発症や進展の抑制を目指す”ことです。経口血糖降下薬でコントロールの改善が認められないときには、合併症がでる前にインスリン治療を始めるなど、かかりつけ医に相談してみましょう。

 


 

 


管理番号: 2515-1-0730-04