糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


糖尿病に関する検査には、どのようなものがあるの?

糖尿病と診断されるまでには、どのような検査があるの?

監修:東京大学大学院医学系研究科
糖尿病・代謝内科 教授 門脇 孝先生
 

 糖尿病は、自覚症状がなく進行する病気です。そのため、『糖尿病を見つけるための検査』や『糖尿病と診断された後も、定期的に状態を把握するための検査』はとても大切になります。ここでは、糖尿病に関する検査について一緒に勉強しましょう。
 

「糖尿病と診断されるまでには、どのような検査があるの?」


糖尿病の診断を行う上では、様々な検査があります。ここでは、代表的なものについて紹介していきます。


血液の検査

血液中のブドウ糖(血糖)がどれくらいあるのかを調べます。食事によって、血糖値は上がったり下がったりするため、食 事前の「空腹時血糖値」や一定量のブドウ糖を水にとかしたものを飲み、その後血糖値がどう変化するかを調べる「75g経口ブドウ糖負荷試験」、そして食事 の時間を考えないで測定する「随時血糖値」があります。
 

 (1)空腹時血糖値の測定(検査方法:採血)
  10時間以上何も食べていない状態で測る血糖値を指します。
 

 (2)75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)(検査方法:採血)
  現在糖尿病の疑いが否定できない方に、強く実施が推奨されています。
  具体的には、下記のいずれかに当てはまる方です。
   ・空腹時血糖値が110~125mg/dl
   ・時間関係なく測定した血糖値が140~199mg/dl
   ・HbA1c(JDS値)が5.6~6.0%

さらに将来的に糖尿病になるリスクが高いと考えられる方でも、実施が推奨されています。具体的には、下記のいずれかに当てはまる方です。

   ・空腹時血糖値が100から109mg/dl
   ・HbA1c(JDS値)が5.2~5.5%
   ・濃厚な糖尿病の家族歴や肥満が認められる

これ以外でも、高血圧・脂質異常症・肥満など動脈硬化のリスクを持つグループでは75g経口ブドウ糖負荷試験の実施が望ましいとされています。

注意事項
・検査が終わるまで、喫煙と運動は控えてください
・上部消化管造影X線検査や内視鏡検査の実施後には行わないでください
・小児と妊婦の場合は別の基準となります

解説:空腹時血糖値とブドウ糖負荷後2時間値[正常型、境界型(糖尿病予備軍)、糖尿病型)]

こんなページも見ています

合併症  / HbA1c  / 血糖値

搭載 カスタム検索

管理番号: 2515-1-0132-05