糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


監修:川崎医科大学
糖尿病・代謝・内分泌内科学 加来 浩平先生

 一般に、次の状態に当てはまる患者さんに対して、インスリン療法が必要と判断されています。

・他の治療法で血糖コントロールを良好に保てないとき
・著しい高血糖状態にあり、血糖値をすぐに下げる必要があるとき
・糖尿病患者さんの手術時(前後もふくめる)
・糖尿病患者さんで感染症にかかってしまったとき
・糖尿病患者さんで妊娠中・授乳中(妊娠希望のとき)
・1型糖尿病患者さん(ハネムーン期や緩徐進行1型糖尿病の初期では必ずしも必要でないときもある)

 これ以外にも、2型糖尿病ではすい臓を休める目的で、比較的早期にインスリン療法を開始する場合があります。

 これまで紹介してきましたインスリン製剤を使用するインスリン療法には、使用するインスリンの種類や1日に投与する回数によって主に次のようにわけることができます。全てのインスリン療法では、飲み薬(経口血糖降下薬)との併用という選択もあります。
 

 どのタイプのインスリン製剤を使うか、またどのインスリン療法を選択するかは、患者さんの糖尿病の状態によってさまざまであり、多くの選択肢があります。自分のライフスタイルや糖尿病の進行状況をかかりつけ医とよく相談し、自分にあったインスリン療法を選びましょう。

 インスリン製剤や治療の方法に多くの選択肢があることに合わせて、インスリン療法を行うための注入器もいくつか種類があります。続いて、インスリン注入器について勉強しましょう。
 


管理番号: 2515-1-0123-03