糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


関東レポート2011


レポート内の情報は、ウォークラリー開催当時のものです。


【静岡】 第13回歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー 

第13回歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリーが、10月9日(日)に潮風ウォーキングロード、ディスカバリーパーク焼津にて開催されました。医療スタッフを含め127名の参加がありました。7名のドクターにもご参加いただき、参加者との交流を深めていただきました。

 

海沿いの4キロのコースを歩きました。今年は理学療法士による運動療法を実践し、歩く前にしっかりとウォーミングアップをしました。どの部分を伸ばせばいいかなど、解説も付けて実践したため、参加者からも好評でした。
コースの途中ではクイズやレクレーション(握力当て・輪投げ)を実施しました。クイズは全部で14問あり、ご当地クイズやメディカルクイズに挑戦し、学びながら楽しく歩きました。昼食はメディカルチェックポイントを設置し、メディカルチェックの後に昼食を取りました。
ゴール後は再度メディカルチェックをし、その後クールダウン。閉会式では表彰やクイズの解説を行いました。

 

参加者の方々も体調不良を訴えられることもなく、気持ちのいい汗がかけたと大変喜ばれておりました。先生方からも大変素晴らしい会と絶賛いただきました。

 

来年も多くの方に参加いただけるように活動してまいります。

 

 

【千葉】 千葉県糖尿病ウォークラリー

千葉県糖尿病ウォークラリーが例年通り『千葉県青葉の森公園』にて、10月2日(日)に開催されました。今年のウォークラリー参加者は311名と昨年を上回り、多くの方にご参加いただくことができました。

 

午前の糖尿病教室では、千葉労災病院 リハビリテーション科 主任理学療法士の内村元先生に、『健康な生活を送るために』というテーマでご講演をいただきました。ウォークラリーの前ということで、「歩く」にまつわる事柄についてお話いただき、歩いているときの筋肉のしくみ、また加齢による体への影響を軽減するための運動方法を分かりやすくご講演いただきました。

 

午後からのウォークラリーでは、暑くも寒くもなく非常に過ごしやすい天候の中、全56チームが怪我なく無事に完歩しました。参加者からは、ウォークラリーをとても楽しめたといった感想をいただくことができました。

 

来年はなお一層多くの方に楽しんでいただけるよう、そして有意義なイベントとなるよう準備をしていきたいと考えております

管理番号:2515-1-0777-02