糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


九州レポート2011


レポート内の情報は、ウォークラリー開催当時のものです。

【熊本】 第15回歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー in 熊本

第 15回歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー in 熊本が10月2日(日)に熊本市動植物園にて開催されました。今年で15回目を数えるウォークラリーですが、昨年が雨天中止であったため晴天が期待されま した。当日は願ったとおり雨は降らず、気温も歩くにはちょうど良く、最適の気候であったかと思われます。

 

例年 は10月中旬の開催を予定しておりますが、今回は「ねんりんピック」が熊本で開催される兼ね合いで開催を早めたということもあり、お孫さんや地域の運動会 と日程が重なり例年より参加者数が少なかったように思います。それでも一般参加者は142名、医療スタッフ50名、運営スタッフ17名、総勢209名が参 加しました。

 

熊本 市動植物園は前回使用した2008年と違い、特に動物ゾーンの見どころが増えており、コースにも取り入れました。また、チェックポイントクイズやメディカ ルクイズの他にもゲームを取り入れ、参加者の方々にはより楽しみながらコースを回っていただけたのではないかと思います。
植物ゾーンでは季節がらコスモスが満開で、参加者の方々もウォークラリーの途中で写真を撮るなど思い思いの楽しみを見つけておられました。

 

【福岡】 第14回歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー北九州大会

第 14回歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー北九州大会が5月15日(日)に観光地の門司港レトロ中央広場にて開催されました。当日は好天に恵まれ、約350人 の参加者が集まりました。門司港レトロ地区を歩き、中央ステージではバナナの叩き売り、糖尿病劇場等のイベントを楽しく過ごされました。

監修:第14回歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー北九州大会実行委員長
横溝 由史先生(横溝内科クリニック)


【大分】 第16回歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー in 大分

2011年5月8日の日曜日、曇り空の目立った週のなかで、この日だけが選ばれたかのように見事な晴天に恵まれ、午前9時30分に大分ウォークラリーが始まりました。

例年 のウォークラリーから今年は趣を変えることになりました。会場も前年までとは違い、大分スポーツ公園(2002年のワールドカップの開催地でもある大分銀 行ドーム周辺)に変更しました。大分スポーツ公園は広大な敷地の中に、大分銀行ドームをはじめ野球場やサッカー場などがあり、たくさんの緑に囲まれた自然 豊かな公園です。

大分 市内での開催ということで会場へのアクセスも向上し、今年は大分県内一円から例年よりもかなり多くの方々(総計130名ほど)に参加いただけました。ま た、今回から足腰の不安などで距離を歩けない患者さんにも参加いただけるように、大分県地域成人病健診センターの松元義人先生による、運動療法講座のコー スも用意しました。

ウォー クラリーコースでは、糖尿病に関するクイズや雑学クイズなどを解きながら、約3kmのコースを歩きました。皆さんグループでの会話を楽しみながら、おのお ののペースで歩き、汗をかいていました。運動療法講座コースの皆さんは、松元先生のスパルタ?指導のもと、家で寝ながらでもできる運動療法の実践とミニ ゲームなどで楽しいひと時を過ごしました。中には歩いたほうが楽だった・・・なんていう方も。

午前 のうちにゴールし、血糖測定など行なった後、皆さんでお弁当を食べながら栄養士からのお弁当の内容説明と医師によるクイズの解説を聞きました。そしていよ いよ表彰式です。ウォークラリーコースはクイズとゴール時間の得点の合計点、運動療法コースはミニゲームの得点によって順位が決まり、上位チームには豪華 商品が手渡されました。

今回は午後の一番暑くなる前に終了となり、最後に笑顔を見せながら記念撮影。
皆さん運動をした後の充実感と、楽しいひと時を過ごした余韻を感じながら、帰宅の途につきました。

 

【長崎】 第11回歩いて学ぶ長崎糖尿病ウォークラリー大会

第 11回歩いて学ぶ長崎糖尿病ウォークラリー大会が、長崎県立総合運動公園にて開催されました。当日は晴天に恵まれ、約100名の参加者と70名のスタッ フ、計170名で行われました。競技終了後、健康保険諫早総合病院の杉山先生に青空教室、長崎大学病院の村田先生からはメディカルクイズの解説をしていた だきました。
来年も多数の方にご参加いただき、有意義な一時を過ごせればと考えております。
 


【福岡】 第10回筑豊糖尿病ウォークラリー

第10回筑豊糖尿病ウォークラリー大会が4月17日(日)に筑豊緑地にて開催されました。天候にも恵まれ参加者も多く、377名が参加されました。

昨年より準備体操前にスタッフと共同でダンスパフォーマンスを取り入れ、ご参加の患者さんにも喜んでいただき盛り上がりました。

筑豊糖尿病ウォークラリーはLCDE(地域糖尿病療養指導士)スタッフの協力体制が整備されています。毎回事前準備から打ち合わせを重ね、LCDEは回生ごとに役割が明確になっていることもあり、スムーズに開催されております。

大会会長のあそう内科クリニック院長 麻生宣則先生はLCDEスタッフ育成に尽力され、地域に貢献しておられます。
 


【福岡】 第18回歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー

第18回歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリーが、2011年4月17日に福岡市大濠公園にて開催されました。
天候にも恵まれ、200名を超える多くの方々にご参加いただきました。参加された患者さんやご家族の方々も、ウォークラリーという競技に真剣に取り組まれ、楽しく過ごされました。  
 

管理番号:2515-1-0726-02