糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


HbA1c値が長期間高く、動脈硬化のある方では、睡眠が浅くなることが明らかになりました。

睡眠は、身体が眠っているのに脳が活動している「レム睡眠」と、脳が休息してぐっすり寝ている「ノンレム睡眠」に区分することができます。入眠してからまずノンレム睡眠が現れ、続いてレム睡眠になり、その後またノンレム睡眠が現れるというように、一晩の間に両者を繰り返します。入眠してからレム睡眠が出現するまでの時間は、深い睡眠のマーカーといわれ、睡眠の質と関係します。

睡眠障害があると、心筋梗塞などの心臓病が起こりやすいことが、以前から知られていましたが、詳しいことはわかっていませんでした。

2015年4月に、大阪市立大グループによって、2型糖尿病患者さんのHbA1c値、睡眠の質および頸動脈肥厚度を断面調査(※)した結果が、「プロスワン(注1)」という医学雑誌に掲載されました。睡眠薬を服用していない2型糖尿病患者さん63人に協力してもらい、睡眠中の脳波と頸動脈エコー検査を実施したものです。その結果、HbA1c値が高くなるほど、入眠してからレム睡眠が出現するまでの時間が短縮し、頸動脈肥厚度と正相関していることが明らかになりました。血糖コントロールが不良でHbA1c値が長期に高く、頸動脈の血管壁が厚く、動脈硬化が進行していると、睡眠が浅くなるのではないかと推察されます。

 

東京女子医科大学 糖尿病センター センター長
内潟 安子

 

監修 内潟 安子 [ 創刊によせて ]
東京女子医科大学
糖尿病センター センター長

編集協力
岩﨑 直子、尾形 真規子、北野 滋彦、中神 朋子、馬場園 哲也、廣瀬 晶、福嶋 はるみ、三浦 順之助、柳澤 慶香
(東京女子医科大学糖尿病センター)
アイウエオ順

管理番号:2515-1-1207-01