糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


荻野先生 10年前に転勤で当院を初めて受診された頃は、合併症を起こさないよう、必死に頑張っていましたね。

山本さん あの頃、眼は光凝固をすでに受けていましたし、末梢神経障害も少しありました。合併症を遠ざけることに必死だったと思います。

荻野先生 来院当時は、インスリンを1日に8回も投与しており、他のインスリンに変えた方がよいのではと思っていましたが、なかなか納得してもらえませんでした。山本さんは、鉄の意志の塊。それはまるで「鉄の鎧」を身につけて糖尿病と格闘しているような感じでしたよ。

山本さん いろいろ凝り固まってしまったこともありました。合併症をなんとか抑え込もうとして、逆に低血糖に苦しむというジレンマがありました。糖尿病のことを人に知られるのが嫌で、インスリン投与も血糖自己測定もこっそり行っていました。合併症を遠ざけたいという一心で、多少の低血糖を我慢したり、隠したりしていました。

荻野先生 昨年の春、会社で低血糖を起こしたことが、他のインスリンに変更する機会になりましたね。

山本さん 救急車で運ばれる事態になって、これはまずいなと思いました。

荻野先生 あれから山本さんご自身の気持ちがずいぶん変わりましたね。

山本さん そうですね。よいきっかけになったと思います。いざという時に糖尿病のことを理解してくれている人がそばにいることは、非常に大切なことだと思いました。 それと、先生は糖尿病を含めてたくさんの知識をお持ちで、何を聞いても的確に答えて下さる。この先生なら信頼できる、先生の提案にのってみようと思いました。

荻野先生 上司や同僚の方々、職場の産業医の先生や看護師さんもいろいろ気遣って下さるようですね。

山本さん インスリンを使う場所も用意してくれましたし、自分のデスクで血糖自己測定をするようにもなりました。みんなの思いやりや温かさが、安心して仕事ができる環境を作ってくれました。

荻野先生 働きやすい環境になったのは本当によかったですね。

山本さん 以前に増して、もっと仕事を頑張ろうと思うようになりました。上司からも「低血糖を我慢しないで、早めに血糖値を測りなさい」と言われています。こういう環境が整っているのは、ありがたいことです。

荻野先生 薬の進歩は目覚ましいので、これからも新しいインスリン製剤が登場するでしょうね。ぜひ、その恩恵にあずかって欲しいと思います。そして、合併症のない将来のためにも、強い意志は持ち続けて下さい。

山本さん 将来の不安はすぐには解消されませんが、先生に巡り会えたことで、少しずつ不安が解消されていることに、とても感謝しています。これからも先生の言葉を信じていきたいと思います。

荻野先生 山本さんご自身の努力もさることながら、これからはご家族、会社の上司や同僚、医師やスタッフ、みんなの力を少しずつ借りて、一緒に問題を解決していきましょう。

職場の医師(産業医)東川麻子先生から(中央)
長期にわたり糖尿病を治療する上では、誰にもコントロールが付きにくい時期もあるでしょう。主治医に治療をして頂くことは勿論ですが、職場では、生活が不規則となりやすい残業や出張を一時的に調整することも大切だと考えています。私たち職場の保健スタッフは、治療経過を伺いながら、必要に応じて主治医の先生、上司の方と連絡を取り合い、職場環境の調整を行うことで、より治療がうまく進むようにお手伝いをさせて頂いています。

荻野 良郎 先生
医療法人新都市医療研究会「君津」会 玄々堂君津病院 副院長
日本内分泌学会評議員、指導医
糖尿病患者さんは1型と2型では、治療方針も心のケアも異なる。山本さんを見つめる目は、出会う前の山本さんの生活や気持ちも思いやる深い眼差し。患者さんの心の扉を開くことも治療のひとつと、知識と思いやりの両刀を使いこなすパワフルな先生。

 

山本 哲也 さん
1型糖尿病で、現在、持効型溶解インスリンと超速効型インスリンを使用中。合併症を遠ざけるための、治療に対する強い意志はピカイチ。その甲斐があって、10年前から合併症は進行していない。荻野先生をはじめ、周囲の人々の応援を胸に、新たな気持ちで治療に臨む。

監修 内潟 安子 [ 創刊によせて ]
東京女子医科大学
東医療センター 病院長

編集協力
岩﨑 直子、尾形 真規子、北野 滋彦、中神 朋子、馬場園 哲也、廣瀬 晶、福嶋 はるみ、三浦 順之助、柳澤 慶香
(東京女子医科大学糖尿病センター)
アイウエオ順

管理番号:2515-1-1069-02