糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

すい臓からのインスリン分泌が低下している患者さんで、寝る前の血糖値より翌朝の血糖値が高い場合、暁(あかつき)現象やソモジー効果などの影響を考えます。

 

「暁」とは、東の空が白みはじめる頃をさします。夜間の血糖変動を見ていくと、暁、すなわち深夜3時頃から朝方にかけて、血糖値が自然に上昇していくことを「暁現象」と呼んでいます。これは1979年、シュミットらが1型糖尿病の夜間の血糖値の推移を観察して報告した現象で、インスリン拮抗ホルモン(血糖値を上昇させるホルモン)の日内変動が関係しています。特に成長ホルモンの影響が大きく、成長期に多いとの報告もあります。

「寝る子は育つ」と言われるように、成長ホルモンは夜の早い時間帯に分泌のピークがあります(図1)。それが、3~5時間の時間差で血糖値を上昇させるのです。すい臓からのインスリン分泌が不足している2型糖尿病でも、暁現象が見られることがあります。

 

 

 「ソモジー効果」とは、インスリン療法を行っている患者さんで、低血糖の後に反動的に血糖値が上昇する現象です。「ソモジー効果」のソモジーは発見者の名前です。

低血糖状態では、カテコールアミン(ノルエピネフリン、エピネフリン)やコルチゾールなどのインスリン拮抗ホルモンが分泌され、その結果、高血糖となります。夜間に低血糖が生じた場合は、早朝に血糖値が上昇します。例えば、朝目覚めたら血糖値が高く、かつ汗をかいており、なんとなく体がだるいというのはソモジー効果かもしれません。

ただし、カテコールアミンやコルチゾールなどのインスリン拮抗ホルモンが不足していたり、反応が悪いとソモジー効果はおこりにくくなります。

 

 

朝の血糖値が高い暁現象とソモジー効果を見分けるには、深夜3時頃の血糖値を調べると参考になります。その頃に低血糖が見られなければ暁現象、見られればソモジー効果というわけです(図2)。早朝高血糖の原因が暁現象の場合は基礎インスリン量を時間によって変更できるインスリンポンプ療法や、基礎インスリンの種類を変えるなどの対処法があります。また、原因がソモジー効果の場合は基礎インスリン量を減量したり、夕食の表3※や表5※を少し増やすこともあります。

最近では持続血糖モニターシステム(CGMS)により、夜間の血糖値の推移がより詳しくわかるようなりました(図3)。

 

 

 

東京女子医科大学 糖尿病センター
小林 浩子

 

監修 内潟 安子 [ 創刊によせて ]
東京女子医科大学
糖尿病センター センター長

編集協力
岩﨑 直子、尾形 真規子、北野 滋彦、中神 朋子、馬場園 哲也、廣瀬 晶、福嶋 はるみ、三浦 順之助、柳澤 慶香
(東京女子医科大学糖尿病センター)
アイウエオ順

管理番号:2515-1-1252-01