糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


新玉ねぎとツナのさっぱり和え

監修者:東京女子医科大学糖尿病センター 北野滋彦先生

東京女子医科大学病院 栄養課 立松栄次先生

アイディア副菜
柔らかくてジューシーな新玉ねぎ。生でしゃきしゃき、加熱して甘味たっぷり、 いろいろなお料理に使ってみましょう。

水餃子
カロリー 45kcal
単位 0.6単位
カテゴリ 夕食
調理時間 --

材料(1)

新玉ねぎ 40g(1/4個)
水菜 20g(中1株)
ツナ水煮缶(小) 25g(1/4缶)
麺つゆ(市販) 3g(小さじ1/2)
3cc(小さじ1/2)
黒こしょう 少々

  • 1
    新玉ねぎを薄切りにしてさっと水にくぐらせ、水切りをする。
  • 2
    水菜は洗って3cmほどの長さに切る。
  • 3
    ①と②をツナ水煮缶と合わせる。
  • 4
    だし醤油は、麺つゆを水でうすめて作っておく。
  • 5
    ③に④のだし醤油を入れて和え、器に盛り、黒こしょうをふる。

豆知識

新玉ねぎとは、早取りしてすぐ出荷したもので旬は 3 ~ 5 月。みずみずしさと柔らかい肉質、辛味が少ないのが特徴で、和え物やサラダなど生食するのがお勧めです。栄養素としては亜鉛、リン、ビタミン B1、 B2、 Cなどのほか、辛みのもとになる硫化アリルはビタミン B1 の吸収や血行の促進などの作用があります。しかし、この成分は熱に弱いので、新玉ねぎはこれらを効率よく摂れるお勧めの食材と言えます。



管理番号:2515-1-0871-02