糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


えんどう豆ごはん

監修者:日本健康食育協会 國枝加誉先生

旬のえんどう豆を使ったごはんは、豆の甘みと香りを楽しめます。ごはん自体に塩気はあまり付けないのがポイント、濃い味付けにするとあまり噛まずに飲み込んでしまいます。薄味と豆の食感が加わることで、主食を咀しゃくする力が高まります。えんどう豆のほか、枝豆、煎り大豆、落花生など、いろいろな「豆」を加えてごはんを楽しんでみてください。

水餃子
カロリー 307kcal
単位 3.8単位
カテゴリ 夕食
調理時間 --
たんぱく質
7.0g
脂質
0.8g
炭水化物
63.5g
繊維
3.1g
食塩
1.0g

材料(1)

1カップ
えんどう豆(さやなし) 70g
1カップ
大さじ1
少々
昆布 1枚(5×5cm)

  • 1
    米は研いでざるにあげておく。
  • 2
    炊飯器に1、水、酒、塩を入れて軽く混ぜ、昆布、グリーンピースを上にのせて炊く。
  • 3
    炊き上がったら、昆布を取り除き、混ぜ合わせる。
  • 4
    ※お米(ごはん)の量は指示単位に合わせて調節してください。

豆知識

旬のえんどう豆を使ったごはんは、豆の甘みと香りを楽しめます。ごはん自体に塩気はあまり付けないのがポイント、濃い味付けにするとあまり噛まずに飲み込んでしまいます。薄味と豆の食感が加わることで、主食を咀しゃくする力が高まります。えんどう豆のほか、枝豆、煎り大豆、落花生など、いろいろな「豆」を加えてごはんを楽しんでみてください。



管理番号:2515-1-1036-02