糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


水餃子

監修者:日本健康食育協会 國枝加誉先生

ニラやにんにくの匂い成分であるアリシンは、糖質代謝に関わるビタミンB1の働きを高めて疲労回復に役立つほか、活性酸素の抑制や血栓予防にも働きます。水餃子は焼餃子に比べ油を使わずあっさりヘルシー。レタスのシャキシャキした歯ざわりが食感を楽しくしてくれます。より減塩したい方は、餃子に下味がついているので、タレはお酢を主体に醤油を減らす、かけずにつけるなど工夫してみてくださいね。

水餃子
カロリー 263kcal
単位 3.3単位
カテゴリ 夕食
調理時間 -
たんぱく質
15.9g
脂質
6.9g
炭水化物
31.2g
繊維
2.0g
食塩
1.6g

材料(1)

餃子の皮(大判) 6枚
<A>
鶏ひき肉 50g
ニラ 15g
レタス 2枚
おろし生姜 小さじ1/2
おろしにんにく 小さじ1/2
醤油 小さじ1
小さじ1
片栗粉 小さじ1
ごま油 小さじ1/2
<B>
醤油 小さじ1
小さじ1

  • 1
    ニラは小口切りに、レタスは下茹でしてみじん切りにしてから良く水気を絞っておく。
  • 2
    ボウルに<A>をすべて入れて良く混ぜ合わせ、餃子の皮で包み、熱湯で茹でる。器に盛る時に茹で汁を少し一緒に入れ、<B>をつける。

豆知識

ニラやにんにくの匂い成分であるアリシンは、糖質代謝に関わるビタミンB1の働きを高めて疲労回復に役立つほか、活性酸素の抑制や血栓予防にも働きます。水餃子は焼餃子に比べ油を使わずあっさりヘルシー。レタスのシャキシャキした歯ざわりが食感を楽しくしてくれます。より減塩したい方は、餃子に下味がついているので、タレはお酢を主体に醤油を減らす、かけずにつけるなど工夫してみてくださいね。



管理番号:2515-1-1127-02