糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


もやしとえびのオイスターソース炒め

監修者:日本健康食育協会 國枝加誉先生

オイスターソースは牡蠣を塩漬けにして発酵させた調味料。コクとうまみがあり、中華(広東)料理で主に用いられます。牡蠣、えびに含まれるアミノ酸の一種であるタウリンは、肝機能を高めることで知られています。タウリンは、コレステロールを排泄させる胆汁酸の分泌を促すほか、インスリン分泌も促進するといわれています。

水餃子
カロリー 160kcal
単位 2.0単位
カテゴリ 夕食
調理時間 -
たんぱく質
21.4g
脂質
4.6g
炭水化物
6.1g
食物繊維
2.8g
食塩
1.7g

材料(1人分)

もやし 100g
えび 100g(4尾)
ニラ 1/2束
小さじ1
オイスターソース 大さじ1/2
少々
こしょう 少々
サラダ油 小さじ1

  • 1
    えびは殻をむき、背に切れ目を入れ、背ワタを取り、酒を振っておく。ニラは4cmの長さに切る。
  • 2
    フライパンを中火で熱し、サラダ油を加えてえびを炒める。火が通ったらもやし、ニラを加えてさらに炒め、オイスターソース、塩、こしょうを加え絡める。

豆知識

オイスターソースは牡蠣を塩漬けにして発酵させた調味料。コクとうまみがあり、中華(広東)料理で主に用いられます。牡蠣、えびに含まれるアミノ酸の一種であるタウリンは、肝機能を高めることで知られています。タウリンは、コレステロールを排泄させる胆汁酸の分泌を促すほか、インスリン分泌も促進するといわれています。



管理番号:2515-1-1232-01