糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


牛肉れんこん炒め

監修者:日本健康食育協会 國枝加誉先生

根菜類であるれんこんに含まれる、水溶性食物繊維とたんぱく質が結合した「ムチン」という成分は、胃粘膜の保護に役立ちます。ビタミンCも含まれており、れんこんのでんぷん質のおかげで、ビタミンが熱で壊れにくいと言われています。れんこんが牛肉の旨みを吸って、噛むほどにおいしい一品です。

水餃子
カロリー 244kcal
単位 3.1単位
カテゴリ 夕食
調理時間 -
たんぱく質
20.3g
脂質
9.0g
炭水化物
19.7g
食物繊維
2.9g
食塩
0.8g

材料(1人分)

れんこん 100g
牛もも薄切り 80g
分葱(わけぎ) 50g
生姜のみじん切り 5g
サラダ油 小さじ1
<A>
醤油 小さじ1
みりん 小さじ1
大さじ1

  • 1
    れんこんは良く洗い、皮付きのまま半分に切り3mmの薄切りにし、酢水(分量外)にさらす。
  • 2
    分葱は斜め切りにする。
  • 3
    <A>は良く混ぜ合わせておく。
  • 4
    フライパンにサラダ油と生姜のみじん切りを入れ、弱火にかけ香りが出たら、牛肉を加え炒める。火が通ったら、①のれんこんの水気を切ったものを加え、さらに炒める。
  • 5
    ④に<A>を加えて全体に絡ませ、②の分葱を加えさっと炒め合わせる。

豆知識

根菜類であるれんこんに含まれる、水溶性食物繊維とたんぱく質が結合した「ムチン」という成分は、胃粘膜の保護に役立ちます。ビタミンCも含まれており、れんこんのでんぷん質のおかげで、ビタミンが熱で壊れにくいと言われています。れんこんが牛肉の旨みを吸って、噛むほどにおいしい一品です。



管理番号:2515-1-1303-01