糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


豆腐とせりの麻婆

監修者:日本健康食育協会 國枝加誉先生

1月7日に万病を防ぐことを願って食べる七草粥。せりは「春の七草」のひとつです(他は、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)。体内でビタミンAに変化し抗酸化作用のあるβ-カロテンが豊富で、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。また、麻婆は辛い豆板醤と甘い甜麺醤を使う料理で、寒い時期に身体を温めてくれます。お好みで山椒(できれば花椒)を加えると香り豊かになります。

水餃子
カロリー 237kcal
単位 3単位
カテゴリ 夕食
調理時間 -
たんぱく質
16.2g
脂質
15.9g
炭水化物
5.7g
食物繊維
1.4g
食塩
1.9g

材料(1人分)

木綿豆腐 100g
豚ひき肉 40g
せり 20g
生姜のみじん切り 5g
ごま油 小さじ1
水溶き片栗粉 小さじ2
<A>
豆板醤 小さじ1/5
甜麺醤 小さじ2
醤油 小さじ1
小さじ1/2
小さじ2

  • 1
    木綿豆腐は水切りをし、1.5cm角に切る。せりは4cmの長さに切る。
  • 2
    <A>は良く混ぜ合わせておく。
  • 3
    フライパンにごま油、生姜のみじん切りを入れ弱火にかけ香りが出たら、豚ひき肉を加えて炒める。火が通ったら①のせりを加えさっと炒め、<A>を全体に合わせたら、①の豆腐を加え全体に合わせる。
  • 4
    ③に火が通ったら、水溶き片栗粉でとろみを付ける。

豆知識

1月7日に万病を防ぐことを願って食べる七草粥。せりは「春の七草」のひとつです(他は、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)。体内でビタミンAに変化し抗酸化作用のあるβ-カロテンが豊富で、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。また、麻婆は辛い豆板醤と甘い甜麺醤を使う料理で、寒い時期に身体を温めてくれます。お好みで山椒(できれば花椒)を加えると香り豊かになります。



管理番号:2515-1-1306-01