糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


シーフードカレービーフン

監修者:東京女子医科大学病院 栄養管理部 立松 栄次先生

本来、ビーフンは米粉のみで作られていましたが、現在は米以外のでんぷんも原材料の一部に使っているものが主流です。でんぷんは、米飯やパンなどの炭水化物より食後の血糖上昇が穏やかで、体脂肪が付きにくくなるなど、利点がある食材です。今回の献立は、栄養バランスもよく、野菜もたっぷりでボリューム満点。食卓のメニューに加えたい一品です。

水餃子
カロリー 409kcal
単位 5.1単位
カテゴリ 昼食
調理時間 -
たんぱく質
16.9g
脂質
5.9g
炭水化物
70.8g
繊維
5.4g
食塩
1.9g

材料(1)

ビーフン 70g
シーフードミックス 50g
キクラゲ(乾燥) 5g
ピーマン 1/4個
キャベツ 2枚
にんじん 20g
エリンギ 1/2本
ニラ 1茎
植物油 小さじ1/2
塩、こしょう 少々
<調味スープ>
150cc
カレー粉 少々
小さじ1
鶏がらスープの素 小さじ1
しょうゆ 小さじ1/2
オイスターソース 少々

  • 1
    ビーフンは指定の方法に従って、やや固めにもどしておく。
  • 2
    キクラゲ(乾燥)をもどしておく。
  • 3
    ピーマン、キャベツ、にんじん、エリンギは細切りにする。
  • 4
    ニラは3センチ程度に切る。
  • 5
    調味スープを合わせておく。
  • 6
    テフロン加工のフライパンに油を熱し、シーフードミックスを炒める。2)、3)、4)を加え、さらに炒め、軽く塩、こしょうをふる。
  • 7
    ビーフンと5)の調味スープを加えて、水分を吸わせながら炒め合わせる。水分が足りない時は少量ずつ水を加えて炒める。
  • 8
    器に盛る。

豆知識

本来、ビーフンは米粉のみで作られていましたが、現在は米以外のでんぷんも原材料の一部に使っているものが主流です。でんぷんは、米飯やパンなどの炭水化物より食後の血糖上昇が穏やかで、体脂肪が付きにくくなるなど、利点がある食材です。今回の献立は、栄養バランスもよく、野菜もたっぷりでボリューム満点。食卓のメニューに加えたい一品です。



管理番号:2515-1-1073-02