糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

2016 ジャパンカップ参戦レポート

2016 JAPAN CUP RACE REPORT

    ハビエル・メヒヤス選手が8位入賞!
「糖尿病は障害にならない」


2015年10月23日に、栃木県宇都宮市で開催された、アジア最大級の自転車競技レース 第25回 2016 ジャパンカップサイクルロードレースに、全員が1型糖尿病患者からなるプロサイクリングチーム「チーム ノボ ノルディスク」が出場しました。

 

ハビエル・メヒヤス選手は、8位と、日本人トップである新城幸也選手(ランプレ・メリダ)の9位を上回る成績を残しました。トップとの差は+43秒でした。レース後にメヒヤス選手は「チームのメンバーのアシストがあり、良い結果を残せた。毎年順位を上げ、今年は10位内に入ることができた。来年は、表彰台を目指したい」とコメントしました。また、プロとしてレースに参戦する上で、「糖尿病はチャレンジではあるが障害にはならない」と語りました。 今年のジャパンカップは、22~23日の二日間で約135,000人と過去最高の観客数を動員し、レースには78人が出場、内53人が完走しました。チーム ノボ ノルディスクは、戦略的なレース展開を行い、ハビエル・メヒヤス選手が8位でトップ10入りを果たし、ケヴィン・デ・メスメーカー選手が32位、昨年にU23で3位を獲ったシャルル・プラネ選手 は41位で完走しました。

 

日本人最上位新城幸也選手(ランプレ・メリダ)と
ゴール手前で接戦となったメヒヤス選手(左)
(撮影:宇都宮市森林公園)

 

日本の糖尿病患者さんをレースで勇気づけた
チーム ノボ ノルディスクの5人の選手
撮影:宇都宮市森林公演のステージ

   
クリテリウムレースでも11位と大健闘!
10月22日に開催されたジャパンカップクリテリウムレースには、チーム ノボ ノルディスク全員が参戦。2年連続出場となるマルテイン・フェルスホール選手が11位に入り、翌日のジャパンカップサイクルロードレースへ繋げる結果を残しました。

さらに22日の午前中宇都宮市森林公園で開催された、オープニングフリーランでにはチーム ノボ ノルディスクのCEO フィル・サザーランド氏が1型糖尿病でチーム ノボ ノルディスクの選手になることを夢見る大原慎人君(12歳)と一緒に走る姿もみられました。
 

クリテリウムレースで多くの観客を魅了させたチーム ノボ ノルディスクの選手
撮影:宇都宮市内

 

オープニングフリーランに参加するチーム ノボ ノルディスクCEOのサザーランド氏と大原慎人君
撮影:宇都宮市森林公園

   
Smile with diabetes~糖尿病と笑顔になろう~
「チーム ノボ ノルディスク」は、ジャパンカップのクリテリウムレース及びサイクルロードレースに3年連続で出場し、日本でのチームの認知も向上しています。
森林公園に設置されたチーム ノボ ノルディスクのブースでは、Smile with diabetes~糖尿病と笑顔になろう~をテーマに、チーム ノボ ノルディスクへの応援メッセージや写真が様々なSNSへ投稿。約1,000人ものメッセージが寄せられました。

チーム ノボ ノルディスク フォトライブラリー

PHOTO LIBRARY

 
10/21 チームプレゼンテーション
  
 
10/22 フリーラン&クリテリウム
 
 
10/23 ロードレース
  
   
 
   
                                                                                          ページの先頭へ       


管理番号:2515-1-1297-02