糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索

選手紹介

PROFILE

 

リック・ファン・アイゼンドールン
RIK VAN IJZENDOORN
出身国:オランダ
生年月日:1987/8/22
身長:176cm
1型糖尿病発症:27歳
"I was diagnosed with diabetes only two years ago, so I am still trying to figure out how to cope with everything, but my philosophy is: ‘what doesn’t kill you makes you stronger’."
「糖尿病と診断されてから2年ほどなのでまだ手探りです。座右の銘は”つらい経験が人を強くする”です」

 

オランダでジュニア・チャンピオンに2度輝いたファン・アイゼンドールン選手は、父も兄もプロ自転車レーサーという環境で育ち、8歳で初レースに参戦、以降オランダ国内のシクロクロス大会などで、ジュニア時代から好成績を重ね、2010年にロードに転向しました。

2015年、トレーニング中に体調に異変が起きました。父親と祖父が1型糖尿病を持っていたため、彼の状態を見た家族の勧めで病院へ行き、1型糖尿病であることがわかりました。糖尿病であっても高いレベルで戦っているプロスポーツ選手がいることを知っていた彼は、医療関係者に指導を仰ぎ、落胆することなく、すぐにトレーニングを再開しました。
マルテイン・フェルスホール選手の紹介でチーム ノボ ノルディスクの生理学的検査を受け、2016年のスペインキャンプを経て育成チームに加わることに。育成チームで米国のレースに複数参加し、同年8月、試験的にプロチームに加わり、2017年正式契約にいたりました。



管理番号:2515-1-1280-03