糖尿病について徹底解説。血糖値・HbA1cから
インスリン治療まで、関連する内容が満載!サイト内検索


監修:順天堂大学大学院医学研究科 代謝内分泌内科学 教授 綿田 裕孝先生

気を付けること

2型糖尿病と関連する心血管疾患リスクを管理するのに役立つポイントがいくつかあります。

詳細は以下をクリックしてご覧ください。


バランスの取れた食事で血糖値と体重の両方を管理する

体格指数(BMI)が高いほど、脂質異常症や2型糖尿病など、心血管疾患のリスクとなる要因を増幅させやすくなります1

減塩、低脂肪、適切なカロリー、栄養のバランス、食物繊維の摂取などが肥満・高血圧・脂質異常症・2型糖尿病などを防ぐポイントです2

身体を動かす

バランスの取れた食事を心がけることに加え(食事療法)、身体活動を増やし(運動療法)、肥満につながる生活習慣・行動をはっきりさせて、その改善を目指す(行動療法)ことは健康的な体重を達成し維持するのに役立ちます3

身体活動は以下の改善に役立つと同時に、心血管疾患の発症リスクを下げます4

  • 血圧
  • 脂質代謝
  • 心肺機能
  • 血糖値を下げるインスリンのはたらき

糖尿病の専門家はできれば毎日、少なくとも週に3~5回、強度が中等度の有酸素運動(心拍と呼吸数を高める運動)を20~60分間行い、計150分以上運動することを推奨しています4

禁煙する

禁煙は心血管疾患の発症リスクを下げ、また総合的に健康を改善する手段のひとつです。事実、禁煙11年目で心血管疾患発症リスクは2型糖尿病の非喫煙者と同じレベルとなります5

禁煙することを支援するプログラムはたくさんありますので、禁煙の方法について主治医と話し合ってみてください。

糖尿病薬を医師の指示通りに服用する

食事療法や運動療法だけでは2型糖尿病を十分に管理できない場合、薬の服用が必要になることがあります6。血糖値を長期にわたって管理すると同時に血管を守るため、薬は医師の指示通りに服用することが重要です。2型糖尿病は生涯つきあう疾患であり、今、管理しておくことは長い目でみて必ず役立ちます。

定期的に測定し記録する

血糖値を定期的に測定し記録することは、2型糖尿病を管理しながら心血管疾患発症リスクを管理するための効果的な手段のひとつです。血糖値のモニタリングだけでなく、医師に定期的に受診して血圧やコレステロール値をチェックしてもらうことも重要です7。そうすることで、ご自身と医師の双方にとって、心血管疾患発症リスクを管理することができます。

医師に相談する

心血管疾患を発症するリスクを確認し管理するために、2型糖尿病の方は医師にご相談ください。


あなたは心血管疾患についてどのくらい知っていますか?

Question

コレステロール値、血糖値、血圧に影響を与えるのはどれでしょうか?1,3,4,8-9

詳細は以下をクリックしてご確認ください。



【参考資料 4】

  1. 国立循環器病センター. “【21】動脈硬化”. 循環病情報サービス.
    http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/blood/pamph21.html#anchor-6(accessed 2017-9).
  2. 国立循環器病研究センター. “食事療法について”. 循環器病情報サービス.
    http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/treatment/diet02.html(accessed 2017-9).
  3. 国立循環器病研究センター. “【3】肥満さよならの医学”. 循環器病情報サービス.
    http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/obesity/pamph03.html(accessed 2017-9).
  4. 日本糖尿病学会 編. 糖尿病診療ガイドライン2016. 南江堂, 2016, 67-73.
  5. Honjo K. et al. The effects of smoking and smoking cessation on mortality from cardiovascular disease among Japanese: Pooled analysis of three large-scale cohort studies in Japan. Tobacco Control 2010;19:50-57. doi: 10.1136/tc.2009.029751.
  6. 日本糖尿病学会 編. 糖尿病診療ガイドライン2016. 南江堂, 2016, 83-84.
  7. 糖尿病ネットワーク. “19.糖尿病の検査”. 糖尿病セミナー.
    http://www.dm-net.co.jp/seminar/19/index_3.php#chap5sec3(accessed 2017-9)
  8. 日本動脈硬化学会. “コレステロール摂取に関するQ&A”
    http://www.j-athero.org/general/colqa.htmlhttp://www.j-athero.org/general/colqa.html. (2017-9).
  9. 日本糖尿病学会 編. 糖尿病診療ガイドライン2016. 南江堂, 2016, 83, 125.


管理番号:2515-1-1405-02